読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげになりたい。

くらげのようにふわふわ生きたい日曜プログラマなブログ。趣味の備忘録です。

JavaFXでクライアントアプリを作ってみる(JavaFX概要編)

前回の続き。JavaFX自体の概要についての個人的なまとめ。備忘録。

wannabe-jellyfish.hatenablog.com

JavaFXとは

  • Javaの新しいGUIアプリケーションライブラリ
  • MVCを尊重していたり、XMLによるUIデザインが可能

OverViewというか、構成要素

  • Model は Pure Java
  • Controller もPure Java
  • View は FXML形式。(装飾はCSSっぽい独自形式)
  • そして、起動用のMain Applicationクラス

どのようにバインディングの方法

  • View と Controller
    • FXML内に、ControllerのFull Qualified Class Nameを指定することで定義する
  • Viewの要素
  • ActionEvent

Controllerの例

コントローラの例はこんな感じ

import javafx.fxml.FXML;
import javafx.scene.control.Button;
import javafx.scene.control.Label;

public class HelloController {
    // fx.idのhellowButtonとバインド
    @FXML private Button helloButton;
    // fx.idのhelloLabelとバインド
    @FXML private Label  helloLabel;

    // onActionとバインド
    @FXML
    public void onHelloButtonClicked(ActionEvent event) { 
        // イベント処理
    }

    // 引数がなしでもOK    
    @FXML
    public void onHelloButtonClickedNoArgs() { 
        // イベント処理
    }
}

初期化したいときはInitializableインターフェースを実装

ラベルのテキストをno clickにする初期化のサンプル

import java.net.URL;
import java.util.ResourceBundle;
import javafx.fxml.Initializable;

public class HelloController implements Initializable {

    @FXML private Label  helloLabel;

    @Override
    public void initialize(URL url, ResourceBundle bundle) {
        this.helloLabel.setText("no click");
    }
}