読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらげになりたい。

くらげのようにふわふわ生きたい日曜プログラマなブログ。趣味の備忘録です。

Androidでグラフ描画(AChartEngineのまとめ-概要-)

Androidでグラフを描きたくて、ライブラリを探していたらいいのがあった。
AChartEngineってやつ。
キレイだし、自由度が高いらしい。おすすめ。

とはいえ、日本語の情報があまりないので、忘れないようにメモメモ。
とりあえず、体系的なお話。


JavaDocのOverviewより

  • org.achartengine
    • 描画されるViewとかActivityとか、それを作るChartFactoryが配置されてる。
    • とりあえずは、ChartFactoryを見とけばOKそう。
  • org.achartengine.chart
    • なんたらChartが配置されている。
    • あんま見なそうな感じ。
  • org.achartengine.model
    • 各ChartのModelが配置されてる。超重要。
    • Modelはデータを突っ込んでおくクラス。各Chartに対応したModelがあるよう。
  • org.achartengine.renderer
    • Chartをどう描画するかの決めるRendererが配置されている。
    • 基本は「DefaultRenderer」と「XYSeriesRenderer」の2つを見れば良さそう。
  • org.achartengine.tools
    • ズームとかパンとかするツールが配置。あんま見てない。
  • org.achartengine.util
    • ユーティリティとのことだけど、AChartEngineが使うデータ型のUtilのよう。


流れとしては、

  1. modelにデータを突っ込んで、
  2. rendererでレンダリングの調整をして、
  3. ChartFactoryでViewを作る。

の3段階のようだ。

どのModelがどのChartに対応づいてるかとか、どんなことがRendererでできるかを少しずつ見ていこう。